人生初のエロイプを経験したとき

スカイプは複数人いないと使用できない、最低でも2人以上必要だ。
友人や恋人や仕事仲間とスカイプをする方が大半だが、なかには全く知らない他人とネットで知り合い、スカイプでつながりあう一も増えてきていると思う。

それは、趣味を語り合ったり、恋バナしたり、ゲームをしたり、えっちな会話だってできると思います。
私のスカイプの体験談として、まずツイッターでリプライが来た人から一度スカイプで話しませんかといわれました。相手は同じくらいの年齢の女性だったので快くOKを出し、いざスカイプ!あまり異性とスカイプで連絡をとったことがなかったのですが、会話は弾み、自然と恋話になりました。
向こうはどうやら少し暑いと言って、自然とキャミソール姿に。その格好に僕は悶々としていました、彼女は今時の女の子といった雰囲気で、タイプな女の子でしたし。

話は楽々と続き、彼女が僕に
「エッチなことしようよ」
っていったので。そのまま人生初のエロイプをすることになりました。

でも実際やってみるとあれですね、男性側は眼福でも、女性側からしたら何が楽しいかわからない、というのが本音でした。
ただ画面越しに男が一人慰みをやっているのを見るのってレアで興奮するもんなんですかね。タダでそういうことをするのは理解できなかったけれど、自分的には、とても興奮して楽しかった思い出です。

その女性とはもう連絡はとってはいませんが、どこかの誰かとエロイプをしているんだと思うとなんだか複雑な気持ちになりました。

▲ページトップに戻る